EOS kiss Mでしだれ桜を撮影 六義園(都立庭園)

公園・庭園, 風景写真

六義園 しだれ桜1 正面

2019年3月21日頃から月末にかけて都立庭園である六義園では名物のしだれ桜が見頃ということで撮影に行ってきました。

スポンサーリンク

六義園

六義園のなりたち

六義園は、元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より柳澤吉保に下屋敷として与えられ、自ら7年かけて造園したそうです。
その後、明治時代に入って岩崎弥太郎の所有になり、昭和13年に東京市に寄贈されて一般公開されることとなったそうです。

所在地

東京都文京区本駒込六丁目

開園時間・休園日

開園時間:午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)

休園日:年末・年始
(12月29日~翌年1月1日まで)

しだれ桜と大名庭園のライトアップ

しだれ桜の開花時期はライトアップされていて、開園時間も延長されているそうです。
3月21日(木・祝)~4月3日(水)
9時~21時まで(最終入園20時30分)
ライトアップ点灯は日没から

入園料

一般    300円
65歳以上 150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

東京都公式ホームページ

駅から六義園に行き入園

駒込駅から入口までは徒歩2分ほど

駒込駅
駒込駅

六義園は、JR山手線の駒込駅から正門までは徒歩2分ほどで、駅の南口から出るとあっという間に到着します。

桜の開花はまだです

駒込駅前の桜
駒込駅前の桜

昨年はソメイヨシノの開花時期に行ったので、しだれ桜はほぼ終わってしまっていましたので、今年はちょうどいい時期に行ってみることにしました。
駒込の駅から出ると北口も南口にも桜があるのですが、まだソメイヨシノはパラパラとしか咲いていませんでした。

人出はそれほどでもない(3月24日現在)

六義園正門
六義園正門

3月24日の日曜日の昼食を食べ終わった13時頃に行ってみると、入場券の販売所の行列は数メートル位で、一応行列整理の要員も何人か出ていて、パイロンとバーで行列通路がありましたが、それほど並んでいるというほどではありません

六義園券売所
六義園券売所

さっくり並んで入場券を購入します。
一般で300円でございます。

六義園 園内の案内
園内の案内では、ライトアップの見どころが示してあります。

しだれ桜に向かう途中

六義園 牡丹
通路沿いには結構牡丹の花が咲いていて、スマホで写真を撮っている人がいました。

六義園 山桜
山桜

ここの庭園は、背の高い大きな木が多いのですが、まだ冬って感じですね。
手が届かない位置に桜の花が咲いている山桜がかなりの割合で咲いています。

六義園 しだれ桜手前の団子屋の手前
しだれ桜の手前には団子屋さんとかお土産物屋さんと飲食用のテーブルを出してあるのですが、かなりの人がいました。
花より団子だなあと思いながら通り過ぎます。

しだれ桜

六義園 しだれ桜1
六義園 しだれ桜1 正面
六義園 しだれ桜1 アップ
六義園 しだれ桜
というわけで、入口から近いあたりのしだれ桜が名物ですので、園内でもここだけは人がみっしりいて、大きなカメラを持っている人もたくさんいました。

割と広いエリアなので、標準ズームレンズのEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMの広角端で十分全景が入ります
引いた写真は、広角ズームレンズのEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMで撮影しています。
(なので、頑張ればEF-M15-45mmで足りる)

しだれ桜1 望遠
花のアップは、望遠ズームレンズのEF-M55-200mm F4.5-6.3で撮影しました。

拡大しても満開ですね。桜の花という感じです。

庭園

六義園

六義園

六義園
池いうよりは中央の大きな池から引き込んである。

六義園

奥のしだれ桜

六義園 しだれ桜2

六義園 しだれ桜2
奥にもう1本大きなしだれ桜があります。
先程のところと違い、入口から対角位の位置のせいか、こちらはそれほど人がいませんでした。

六義園 しだれ桜2 望遠
やはり望遠レンズで拡大。

山桜

六義園 山桜
奥のしだれ桜の周辺の園の外縁部の方には山桜が結構あって、そちらも多少地味ではありますがきれいです。

庭園後半

六義園

六義園 ツツジ
ツツジはまばらでした。

ぐるっと周り中央池の反対側の方に出るように歩きます。

六義園

六義園

六義園 松
立派な松がありました。

六義園 灯籠
大きな灯籠

大きな灯籠がありましたが、単体だと大きさがわからないので、通りがかりの人をちょっと入れてみます。
2.5m位はあるでしょうか。

六義園 桜遠景
場所がよくわからなかったのですが、大きな桜がありました。

六義園 お茶屋
池の周囲には結構な数のお茶屋さんがあり、団子とかおでんとお茶などを出しています。

花より団子

六義園 三福団子
三福団子

最初のしだれ桜の手前のところにあった団子屋さんのスペースまで戻ってきて、結構な数の人達が団子を美味しそうに食べています。
昼食の後でデザートにワッフルまで食べた後なので、お腹は空いていませんでした。

六義園 三福団子のお姉さん
三福団子のお姉さん

お店を覗くと可愛いお姉さんたちが団子を出していたので、せっかくなので1本買うことに。

六義園 三福団子の作っているところ
焼いている模様

団子を炭火の周りにしばらく刺しておくと焼けるような構造になっていました。
ぐるっと廻るので反対側にも刺せます。

六義園 三福団子のしょうゆ団子
三副団子のしょうゆ団子

しょうゆ団子とくるみ味噌団子が350円、黒蜜黄粉団子が500円で、しょうゆ団子をチョイス。
おいしゅうございました。

今回のカメラ EOS kiss M

EOS kiss M ダブルレンズキット

EOS kiss Mに標準ズームレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMとパンケーキレンズEF-M22mm F2 STMがセットになったレンズキット。

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

風景写真には是非広角レンズが欲しいところです。
EF-Mマウントにはこの1本。レンズキットを買った後に買う最初のレンズにおすすめです。

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

ダブルレンズキットを買ってしまったのですが、やっぱり望遠レンズもあった方が便利ではあります。
しかし、ダブルズームキットに入っているEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMが無いので、中古で追加購入。

実はおすすめEOS kiss Mダブルズームキット

ポートレートメインだとダブルレンズキットで足りているんですが、色々撮るなら販売店でよくすすめられているダブルズームキットが無難のようです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー