EOS kiss Mで料理の撮影に挑戦 EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMで試す

2020年1月16日カメラの撮影方法, 交換レンズ, 写真

せっかくマクロレンズEF-M28mm F3.5 マクロ IS STMを購入したので、EOS kiss Mで料理の撮影を実験してみました。
色々気をつける点があり、なかなか難しかったです。

スポンサーリンク

マクロレンズEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

EF-M28mmマクロやら、スピードライトやら買ってみたたものの出番が全然無いので、外で撮影してみようと思います。

マクロレンズで撮影するのはアップでの撮影

マクロレンズは、近くまで寄ってアップでの撮影をする特殊なレンズです。

商品撮影

被写体まで近くに寄って撮影するというのは、まず商品撮影が思い浮かぶと思います。
最近はメルカリなどの中古販売用とかオークションへの出品用に小物の見本写真を撮影するのであればマクロレンズが向いていると思います。

料理の撮影

他にマクロレンズを使うイメージとしては、レストランなどで料理の撮影をするというのはよくありますよね。

自分でもカメラを持ち歩いていますが、用途としてはほぼ食事の写真です。
撮影したものはInstagramにシェアすることが多いです。

ちなみにカメラは、パナソニックのGX7MK2です。
ミラーレス一眼では小さくて持ち歩きしやすいです。
値段に釣られて買った割にはいつもカバンに入れて持ち歩いています。

料理の撮影をしてみる

そんなわけで、今回はEOS kiss M+EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMで料理写真の撮影をしてみます。

場所はメイドカフェHoney Honey秋葉原店

毎週土日の昼食は秋葉原のメイドカフェHoney Honey秋葉原店(ハニハニ秋葉原)でオープンと同時に食べています。

まったりできる日常使いできるカフェ

秋葉原のメイドカフェというと、ブリブリのメイドさんが甘ったるい料理に美味しくなる魔法をかけてくれるようなところを想像されるかと思います。
しかし、それは秋葉原の中央通り沿いの大手のメイドカフェで、少し奥に入ると普通の喫茶店に近いまったりしたお店もたくさんあります。

ハニハニもリーズナブルな料金でまったり食事できるメイドカフェで、ランチも基本的にキッチンでの手作りの料理でとても美味しいです。
日替わりランチなどは毎日食べても飽きない感じです。

ハニハニの代表は、「メイドカフェ界のサイゼリアを目指す」とか言ってますが、そんな感じの路線です。

アクセス

所在地は秋葉原からは少し離れていて、最寄り駅は東京メトロ銀座線の末広町駅です。
そのあたりにあるコンセプトカフェはほとんどまったり系です。

所在地: 東京都千代田区外神田3-7-12イサミヤ第8ビル2F

関連記事

関連記事

スポンサーリンク