EOS kiss M収納用にショルダータイプの小型バッグを購入

カメラバッグ, 写真

エツミ ショルダーカメラバッグ ベリーM

EOS kiss M用のEF-Mレンズも増えてきたので、ボディとレンズ数本だけ持ち歩く用に小型のカメラショルダーバッグを購入しましたのでレビューします。

スポンサーリンク

もうカメラバッグは買わないと思ったのに

カメラバッグの分類

カメラは精密機械ですので、持ち運びにはクッション素材のケースが欲しいところです。

大きく分けて、

  • バッグ自体がカメラ用品の運搬に特化したカメラバッグ
  • カメラ用のクッション素材で出来たインナーバッグ
  • カメラ単体を入れるあるいは包むクッション素材であるところのカメラポーチ、カメララップ

などがあります。

カメラバッグの特徴

初めてカメラバッグを買おうという方は、カメラバッグにはカメラの他に色々な荷物を入れて持ち運ぶイメージを持っているかと思います。

しかし、実際のところは自分の経験では、大きさを問わず、ほとんどカメラとレンズ数本を入れるのに特化していて他の物はほとんど入らない構造になっているものがほとんどです。

いくつも荷物を持つと、手が空きにくく邪魔ですし、カメラ用品以外の荷物もはいるカメラバッグもあることはあるので、そのようなバッグを探して使っていました。

インナーバッグの特徴

逆の考え方としては、普通のバッグやリュックなどにクッション素材で出来たケースを入れてしまえば、カメラバッグのようにかさばるものを新たに買う必要はありません

普段は、レンズの付いたカメラがあれば、後はクリーニング用品などと呼びのレンズがもう1本位あればそれほど困ることはありませんので、これはこれでいいのです。
ところが、どうしてもカバンの底にインナーバッグを入れて使うことになりますので、カメラを出し入れする時にバッグの一番奥まで漁る羽目になります。

ポーチ、カメララップなどの特徴

もうひとつある考え方としては、クッション素材の小さなポーチのようなものにカメラを入れて、他の荷物と同じようにバッグに入れて持ち運ぶことがあります。

これも出張や登山など他にメインの用事があり、カメラ関係の荷物がボディ以外にあまり無い場合は良いのですが、レンズや他のアクセサリーの収納も工夫する必要があり、どこに何が入っているのかわかりにくく、撮影に集中するには若干問題があります。

2気室タイプのカメラバッグの不便なところ

そんな感じで色々カメラバッグ(ポーチ)を使っていて気づいたことがあります。

カメラバッグ自体が大きくなる

カメラとその他の荷物の両方を入れるにはかなりの容量が必要です。

カメラ用品とその他の荷物を両方入れるカメラバッグは、クッションが付いたカメラ関係のグッズを入れるエリアとその他の荷物が入るエリアが別になっている2気室以上のバッグが必要です。

当たり前の話ではありますが、単体でもそれなりの荷物になりますので、両方が入るタイプのものは簡単に考えて2倍、工夫されているものでもそれよりは若干小さい程度のバッグになり、そこそこ大きなバッグになります。

Endurance Extカメラバッグ

撮影の用意が面倒

出かける先によってバッグに入れるものを変えるのはかなり面倒です。

普段のバッグと撮影用のカメラバッグが別な場合、普段のバッグに入っている荷物をカメラバッグに入れ直す必要があります。

さらに、当然ではありますが、カメラバッグにはカメラのボディ、レンズ、アクセサリーなど必要なものを入れます。
その時、カメラもバッグも複数所持するようになってくると、両方の荷物がちょうど入るバッグを用意してパッキングし、余計なものを持ち歩かないようにするという作業が必要になります。

それよりは、普段の荷物用のバッグはそのまま持っていき、カメラ用品はまた別なバッグに入れて両方持てば深くは考えずに済み、その作業は要りません。

そんなわけで、撮影の頻度が増えてくると、カメラ関係の荷物と、その他の荷物は別のバッグに入れた方が便利だと思うようになりました。

ミラーレスカメラ用の小型ショルダーバッグを探す

そうなると、これまで比較的大きなカメラを入れるためのバッグばかりだったので、小型のミラーレスカメラEOS kiss Mなどを入れるには少し大きめです。

というわけで、小型のカメラバッグを新たに買うことにしました。
正直言って、もう当分カメラバッグは買わないと思っていたので、想定外です。

カメラバッグに求める条件

条件は、

  • EOS kiss Mとレンズ数本がぴったり入る大きさと容量。
  • なるべく安価なこと。

の2点です。

大きさと容量

前者は、普段用のバッグとカメラバッグの両方を持ち歩くのであれば、大きいものは邪魔なのでコンパクトな方がいいです。
しかし、あまり小さいものだと用が足りません。

価格

ですが、大きいバッグはいくつもあるので、今更立派なものは必要ありません。
そんなわけでなるべく安価なものを探すことにしました。

探してみたところ、安価なバッグは、エレコム、ハクバ、エツミなどからそれぞれ発売されています。

カメラバッグを絞り込む

エレコムのバッグは統一された質感で、なかなかよく出来ていて安いのですが、箱型で容量重視のものが多く邪魔な気がしたので、ハクバとエツミの厚さが控えめのものを選ぶことにしました。

大きさなどを確認して、最後に残ったのは、それぞれ1つずつです。

ハクバ シューティングバッグ ST300

エツミ ベリーM

エツミのショルダーカメラバッグ ベリーM(ブラック)を購入

使い勝手的にはどちらでも良さそうで、ST300の方がポケットが多そうでいいかなと思ったのですが、どうもフォルムがもっさりしておじさん臭いところが気になります。

一方、ベリーMの方は外見はいいのですが、フタを止めているのがマジックテープで、開ける時ビリビリっと音がします
それを考えると、少し安っぽい感じがします。

値段的には3千円弱でほぼ互角です。

カメラバッグ売り場で、ダサいけど使いやすそうな方がいいか、マジックテープで安っぽい作りな方がいいか30分ほど悩みました。(割とどうでもいい)

結論としては、どうせ安いバッグだし、入るものが入れば後はどうでもいいのでカッコいい方にしようという結論で、エツミのベリーMを購入しました。

小型の一眼レフを入れると他のものはほぼ入らない

エツミ ベリーM
エツミの公式サイト http://www.etsumi.co.jp/products/camerabag/shoulder/detail/469 より

公式ページを見ると、「Wズームセットの小型デジタル一眼をぴったり収納。」と書いてあり、写真を見ると、トップローディング式にカメラを突っ込み、もう1本レンズが入るというイメージです。

EOS kiss Mならもう少し余裕

しかし、実際EOS kiss Mならばもうひと回り小さいので、もっと色々入ります。

外観

エツミ ショルダーカメラバッグ ベリーM
外観

外観は、比較的安価っぽいタイプのショルダーバッグそのものという感じですが、実際安かったので、その辺は気にしないことにします。

仕切りが2枚

エツミ ベリーM 仕切りが2枚
この手のバッグにありがちなように、マジックテープで固定されているクッションの入った仕切りが2枚入っています。
そのため、位置を変更できるため、仕切りの位置を変更することによりもう少し大きな荷物も入ります

左に入っているのは、キヤノンのスピードライト430EXⅢ-RTで、その下にワイヤレスのストロボ制御ユニットST-E3-RTがケースに入って入っています。

右側の仕切りにはEF-Mレンズが入っていて、深さ的には10数センチというところでしょうか。重ねれば2本は入ります。

中央にEOS kiss Mがレンズ付きで入る

エツミ ベリーM
EOS kiss Mならレンズを付けても余裕で入る。

上記のような一眼レフと違い、EOS kiss Mの場合はレンズを付けてもそのまま奥まで突っ込めます。

容量のまとめ

結論としては、カメラ本体にレンズ数本、さらにスピードライトかクリーニングキットなど小物がそこそこ入ります。

自分の用途には充分です。

まとめ

このような事情で、もう当分カメラバッグは買わないと思っていたのですが、また買ってしまいました。
今回のものは小さいので、EOS kiss M関連のグッズを詰めて部屋の端に積んであります

使ってみた感じは、想定通り、普段のバッグと、このバッグを持って出ればそのまま撮影ができます。
なかなかいい買い物をしたと思っています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー