猫カフェの猫をα7RIIIの動物瞳AFでテスト撮影(レビュー)

2020年1月16日α7R III, カメラ, カメラの選び方

猫 僕と猫。

2019年4月11日にソニーのフルサイズ一眼ミラーレスカメラであるα7IIIとα7RIIIを対象として動物の目に自動的にピントを合わせる動物瞳AF機能を追加するソフトウェアアップデートが行われました。
猫カフェで実際に撮影を行ってきましたので使い勝手等についてレビューします。

スポンサーリンク

ソニー デジタル一眼カメラα7R III

α7R III 正面
ソニーの4240万画素の高解像タイプのフルサイズ一眼ミラーレスカメラであるα7RIIIを2017年11月の発売と同時に購入してメイン機として使っています。
似たような性能の一眼レフカメラより何割かは軽く、特に被写体の目を認識してピントを自動的に合わせてくれる瞳AFによってモデル撮影のレベルを一気に上げてくれます

現在のミラーレス一眼カメラでは最高峰の1台だと思います。

α7IIIとα7RIIIのソフトウェア・アップデート(2019年4月11日、Ver3.0)

キヤノンやニコンからもフルサイズミラーレス一眼がそれぞれ発売され、3社体制でフルサイズミラーレスが販売されるようになってきています。
キヤノンやニコンは、フィルム時代から変わらないカメラの操作性というところに主眼をおいているようですが、一方ソニーではセンサー性能の向上と画像認識を中心にしているようです。

今回の2019年4月11日のアップデートでは、α7 IIIとα7R IIIの2機種を対象としたソフトウェアアップデートVer3.0では、なんと動物を対象とした瞳AFを実現しています。
(他にもタイムラプスとかリアルタイム瞳AFとかありますが、今回は説明を省略します。)

動物瞳AFの設定方法

設定方法は簡単で、MENUから顔/瞳 AF設定の項目に検出対象という項目が増えました。
それを選んで、検出対象を人物から動物に切り替えるだけです。

検出対象が追加
顔/瞳 AF設定の項目に検出対象という項目が増えました。
検出対象のデフォルトは人物
検出対象のデフォルト(既定値)は人物です。
検出対象を動物に変える
検出対象を動物のアイコンに合わせます。

テストの場所は猫カフェ「僕と猫。秋葉原店」

せっかく動物瞳AFが機能追加されたのですが、私は動物は飼っていません。
というわけで、2018年11月にEOS kiss Mを購入した時に撮影しにきた、「僕と猫。秋葉原店」で撮影することにしました。

お店の特徴

僕と猫。秋葉原店は、秋葉原にある猫カフェです。

MoCHAグループ

現在は、お洒落猫カフェで有名なMoCHA(モカ)のグループ店舗になっていて、MoCHA秋葉原店とは隣のビルになっています。

猫耳スタッフさんが可愛い!

特徴としては、単に猫が数匹放してあるという猫カフェスタイルなだけではなく、秋葉原のお店っぽく、スタッフさんが猫耳メイド姿で数名店内にいて、接客(要するに話し相手)してくれるというところです。

そんなわけで、比較的若い男性のお客さんが多いようです。

料金

時間料金

料金は、10分300円です。
猫カフェにしては少し料金高いようですが、スタッフさんが対応してくれるので妥当な料金だと思います。

所在地

僕と猫。秋葉原店の所在地は、秋葉原の中央通り沿いのリバティ秋葉原4号店のビルの5階です。
ビルには色々な店舗が入っているのですが、エレベーターは小型のもの1基で、もっと上にも店舗があります。
そのため、エレベータに乗った後、「やっぱりやめた!」と言っても、エレベータはずーっと上の階まで行って戻ってくるしかないので覚悟が必要な感じがしました。

東京都千代田区外神田4-4-3 小木曽ビル5F

関連記事

スポンサーリンク