EOS kiss Mにマッチするカメラストラップ PeakDesign(ピークデザイン)リーシュ

カメラ, 機材

PeakDesign リーシュストラップ アッシュとアンカー

EOS kiss Mでは付属のストラップを使っていたのですが、外したりすることが多いので取り外し・取り付けが簡単なピークデザインのリーシュストラップを購入しました。
小型のEOS kiss Mにぴったりマッチしています。

スポンサーリンク

PeakDesign(ピークデザイン)リーシュ カメラストラップ アッシュ

ピークデザインのストラップシステム

ピークデザインはアンカーをカメラのストラップホルダーに取り付けて、そのアンカーにストラップを取り付けるシステムを採用しています。
今回は、ピークデザインのリーシュカメラストラップのアッシュ(灰色)を購入しましたので紹介します。

PeakDesign リーシュストラップ アッシュとアンカー

利点はカメラへのストラップの取り付け・取り外しがワンタッチでできること、デザインや長さの違うストラップなどに簡単に取り替えられることです。

カメラは意外とストラップを外す機会がある

皆さんはカメラストラップにどのようなものをお使いでしょうか。
最初にカメラに添付のメーカーロゴ入のストラップか、デザインに飽き足らず市販のストラップでしょうか。

カメラ付属のメーカー純正ストラップ

私は携帯用のGX7MK2にはレザーのストラップを付けていますが、メインのα7RⅢもサブのEOS kiss Mにも付属のメーカーストラップを付けていました。
少々、実用性オンリーのストラップではありますが、それで特に不便は感じていませんでした。

EOS kiss Mと付属キヤノンEOSストラップ

登山の時

その後、EOS kiss Mで山登りをする時に、ストラップをたすき掛けにする時は、底面のプレートに付けるタイプのストラップに交換した方が扱いやすいので、交換して登りました。

物撮りの時など

さらに、EOS kiss M自体を撮影したり、EOS kiss Mで物撮りしたりする時もストラップを付けたままでは取扱にくいのですが、ストラップを外すのは思いのほか面倒くさいので邪魔だなあと思いつつ使っていました。

皆さんもストラップを取り付ける時にもっといい方法は無いものかと思った方も多いのではないでしょうか。

PeakDesignのシステムを使っている人は多いため購入を決心

私は普段から、自分でカメラのブログを書く一方で、他の方のカメラのブログも見ています。
その時に、それなりに頻繁にピークデザインのアンカーを使うタイプのストラップのレビューも良く見ますし、ヨドバシカメラなどでも展示品があります。

5000~6000円位はするのでそれなりに高価ではありますが、ストラップを付けたり外したりするのも楽そうですし、何より結構お洒落ですので、EF-Mレンズを発注するついでに購入することにしました。

商品レビュー

箱外観

というわけで届きました。

箱表面の様子

表面の写真は、付属のプレートを三脚ネジ穴に取り付けて、そのプレートとカメラの片方にストラップを付けるタイプの使い方にしているようです。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュ 箱

箱の表面は開く

ディスプレイ用でしょうか、箱の表を開くと中のストラップの様子が見えますが、ここから取り出せるわけではなく、箱の底面から取り出します。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュ 箱

アンカー

アンカーは簡単に取り付けられる

早速付属のアンカーをEOS kiss Mに取り付けてみます。
EOS kiss MとPeakDesign アンカー

ストラップと並べてみる

ストラップと見た目もマッチしているように感じます。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュとEOS kiss M

アンカーをストラップに取り付ける

アンカーをストラップに通します。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュとアンカー

ちょっとノッチがあり、奥までカチッと通すと固定されます。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュとアンカー

ストラップ(リーシュ)

EOS kiss Mにストラップを取り付けた外観です。
ストラップの長さは、83cmから145cmまで調整できるそうです。
EOS kiss Mに付けたPeakDesign リーシュストラップ アッシュ

底面プレート

プレートと六角レンチが付属

内容品として、カメラの三脚穴に付ける小型のプレートと六角レンチが付属しています。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュと付属品のプレートと六角レンチ

とりあえず、使わないのですが、せっかくなので、プレートを取り付けてみます。
EOS kiss Mにプレートを取り付ける

底面プレートとカメラ横にストラップを付けるパターン

プレートに付いているアンカーにストラップを通してみます。
登山などストラップをたすき掛けするような使い方の時はこのような使い方がいいかと思います。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュをプレートのアンカーに付ける

ポーチが付属

さらに、付属品として、アンカーがもう1つ(なので、合計2組入っています)とポーチがあり、予備のアンカーや六角レンチなどはこれに入れて保管しておけますね。
PeakDesign リーシュストラップ アッシュの付属ポーチと予備のアンカー

まとめ

そんなわけで、実用的な理由でストラップを買ったつもりが、EOS kiss Mが一気にお洒落になった気がします
EOS kiss Mを持ち歩くのもちょっとハッピーな気分になりましたので、外に出かけてもっと写真を撮りたいと思います。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー