2017/10/15 キャンディフルーツフォトクラブ撮影会(ゆいな)EOS80D

2018年7月10日ゆいな, キャンディフルーツフォトクラブ撮影会, モデル写真, モデル撮影会写真, 撮影会ブログ写真

ゆいなちゃん

スポンサーリンク

2017/10/15 キャンディフルーツフォトクラブ撮影会(ゆいな)EOS80D

モデル: @yuina_0330
会場: 早稲田スタジオパイン
機材: EOS 80D、シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HCM、、430EX3-RT

今回も2017年の写真です。

今回もゆいなちゃん

今回もゆいなちゃんです。
ハロウィン時期なので、スチームパンク衣装を用意してくれました。カッコ美しいです!
さすがのモデルさんなので、時々アマゾンとかで衣装を仕入れて、着るタイミングを狙っているようです。
すごい!

EOS80D大活躍

前回のピノちゃんの撮影会に引き続きEOS80Dです。

EOS80D購入して2回目の撮影会

その時も説明しましたが、EOS kiss X7は測距点が少ないので、どうしても構図が限られてしまい、そのまま使うなら1700万画素は十分なのですが、トリミングするにはちょっと物足りない感じがしていました。
という感じで3ヶ月ほどしか使っていないEOS kiss X7に見切りを付けて、EOS80Dを購入しました。

レンズはシグマのズーム

レンズの方は相変わらずシグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMです。
このレンズはちょっと重いのですが、やっぱり画角がスタジオでのポートレート撮影に丁度いいです。
さらに、シグマのレンズは純正レンズより開放寄りのところに解像度のピークを持ってきているようで、開放端(一番F値が小さいポジション)でも画像がカリッと精細です。
ちなみに純正のEFレンズはF5.6位まで絞ったところが一番解像するそうです。

そして、実際の撮る時は、構える前にある程度測距点を選んで置いて、そこに目を合わせるようにして撮影しています。
実際に撮影した写真もEOS kiss X7で撮った時よりも非常にピントがビシッと合って、非常に気持がいいです。
80Dを使うようになって写真はピントが合ってナンボだなーと痛感しました。

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー