2017/12/16 キャンディフルーツフォトクラブ撮影会(ゆいな・るりか)【改訂版】

2018年7月10日ゆいな, キャンディフルーツフォトクラブ撮影会, モデル写真, モデル撮影会写真, 撮影会ブログ写真るりか

スポンサーリンク

2017/12/16 キャンディフルーツフォトクラブ撮影会(ゆいな・るりか)

撮影日: 2017/12/16 Sat.
モデル: ゆいな @yuina_0330、るりか @rurika515
スタジオ: 早稲田スタジオパイン
機材:α7RⅢ、FE24-70mm F2.8 GM

ペア撮影会実現

いつも、ゆいなちゃんの撮影をさせて貰っているキャンディフルーツ撮影会ですが、いつも撮影の立会をしている担当の女の子が「ゆいなさんとるりかさんで一緒に撮影してくださいよ」俺「喜んで。いいよいいよ」という話がありました。
その後、ゆいなちゃんに伝わったようで、「社長に直訴しました」という流れで一気に実現。
るりかちゃんはメイドダーツバーLOOP Space Cafe Dinerの店長で、キャンディフルーツのメイド服店でも売り子をしています。
そして、事前に「この日にするから」という逆指名連絡が参りました。(拒否権無し)

撮影会当日

るりかちゃんはあまりモデルの仕事はしていないので、表情やらポーズやら堅くて、2人でバラバラに立ってるみたいな感じになったので、「とにかくくっついてよ。肩とか頭とか」みたいな感じでポーズ指定したりする流れ。
その辺、モデルに慣れたゆいなちゃんの方は色々2人組のポーズを提案してくれて、表情が硬かったるりかちゃんも徐々にくだけてきていい感じになりました。
あとでゆいなちゃんに聞いたら「BL本で見た!」とか言ってましたけど(汗)

α7RⅢ購入

今回は11月25日に発売で、26日に買った新発売のソニーの高画素ミラーレスα7RⅢのデビュー戦です。
レンズは大三元のGM標準ズームレンズ FE24-70mm F2.8 GMです。
もちろん、ポートレート撮影するのは初めてで、瞳AFをボタンにカスタマイズ設定できて、AF-C(コンティニュアスAF、継続AF)に設定して、カスタマイズしたボタンを押し続けると、目自体にピントを追いかける機能搭載です。
瞳AFを使うと、ピントをあまり気にしなくていいので、普段は構図合わせてAF測距点を目に持ってきてとかバタバタやっているのですが、構図とか明るさの設定などだけ考えていればいいので、非常に効率的です。(というか楽)
もっとも、長く写真を撮っている人には、自動車がMTからATになったような「写真を撮らせられてる感」があるそうで、寂しさを覚えるそうです。

さらに、このスタジオ自体は使いやすいのですが、スタジオの好意で置いてあるソフトボックスのライトが行き渡らない場所があったりします。
しかし、そこはさすがのフルサイズ新鋭機で、APS-C機で撮影した時は外付けフラッシュが無いと安定して撮影できなかったりしたのですが、α7RⅢはノンフラッシュで余裕でした。

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー