EOS kiss Mで撮影会に参加!2018/11/10コスプレイヤー撮影会(雨音瑠美)

2018年11月19日EOS kiss M, モデル写真, 撮影会ブログ写真, 雨音瑠美

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

EOS kiss Mを購入して、1度は撮影会で撮影したいと思っていたところ、雨音瑠美さんの撮影会があるということでしたので、1年ぶりに雨音瑠美さんの撮影をしてきました。EOS kiss MとEF-M32mm F1.4 STMのレビューを兼ねています。

スポンサーリンク

雨音瑠美

SNS

Twitter: @iiRumii
Instagram: @iirumii

【#コンパス】戦闘摂理解析システム 公式コスプレイヤー

【#コンパス】戦闘摂理解析システムは、NHN PlayArtとドワンゴが共同開発したスマートフォン用ゲームアプリですが、ニコニコ動画主催のイベントなどにはよく、ゲームの公式コスプレイヤーさんがデモをしていたりします。

 雨音瑠美さんは、#コンパスのキャラクター双挽乃保の公式コスプレイヤーさんです。

#コンパス 公式コスプレイヤー 大和屋紅葉さん

当ブログでは、以前にnicocos photosession #3で、やはり#コンパスのキャラクター深川まといさんの公式コスプレイヤー大和屋紅葉さんの撮影をしています。

雨音瑠美さんと大和屋紅葉さんはとても仲がよいようで、Twitterなどで絡んでる様子を見ていると微笑ましいです。

12company所属

雨音瑠美さんは日中は普通のお仕事にお勤めされているそうですが、コスプレイヤーとしては、コスプレタレント事務所12companyに所属して、活動されているそうです。

元隠れ家メイドBar メーァスタッフ

昨年は、池袋の隠れ家メイドBar メーァのメイドさんをしていたのですが、12companyに所属するということで卒業されました。

あまり会えなくなってちょっと残念ですけど、撮影会やイベントなどなるべく行きたいと思っています。

コスプレイヤー撮影会

経緯

コスプレイヤー撮影会は、NRK the Headgehogさん、しらほしなつみさん、LOPEさん、雨音瑠美さんのコスプレイヤー有志で開催された撮影会です。

なんか、皆さん美人ですごかったー。

開催日・場所

開催日

開催日:2018年11月10日(土)

開催場所

場所: PHOTO STUDIO METEOR(ミーティア・上池袋)

場所は、バーリルムを運営するm&nグループの撮影スタジオミーティアです。

最寄りは上板橋駅だそうですが、自分は大塚駅から歩いていきました。
場所はわかりやすいですが、結構遠かったです。
リルムでミーティアの話はよく聞くので、どんなところか一度撮影したかったので、今回の機会は良かったです。

東京都豊島区上池袋4丁目1-1 カブト54上池袋ビル 12階

撮影機材

α7RⅢでも撮影したのですが…

撮影時明るすぎる謎の症状

今回も、いつものメインカメラであるところのソニーα7RⅢで撮影をしたのですが、例によってフラッシュのワイヤレス設定などをして撮影したところ、ファインダーが真っ白に

どうやら明るすぎるようです。

スタジオミーティアは、ビルの最上階で非常に明るいスタジオで日光が差し込み、そのせいで明るすぎるのかと思い、シャッター優先(S)モードにしてシャッター速度を1/2500秒とかのわけのわからん設定にしたのですが、それでもF値がF16~22と謎の数値になっています。

うーむ、まあ撮れるからいいやと撮影して帰りました。(ちゃんと確認すればよかった…

撮影設定を確認するとISO80000

家に帰って写真をチェックすると、なんとISO感度がISO80000に張り付いていました…。
8万ってなんだよ…。1万位あれば、豆球位で普通に撮影ができるレベルなので、それは真っ白になるわけです。

写真は大失敗で使い物になるか疑問

写真を見ると、ISO感度を上げるとノイズも増幅してしまうので、思ったとおり写真がジャリジャリで細かいところがわからないほどです。

まあ、α7RⅢ自体が4240万画素の高画素機なので、ノイズ軽減処理すれば、ボチボチ見られる写真にはなるかなあと思ったりはします。
F値がでかいのでボケは全くありませんが。

とにかく、初めての大失敗写真で大ダメージです。

EOS kiss M

風景写真用に購入したEOS kiss Mですが、せっかく買ったので、初心者の人でも色々な写真が撮れるというデモをしています。

今回は、撮影会に持ってきて、実際に撮影会での撮影に耐えるかテストしてみたいと思います。

カメラ

カメラは当然EOS kiss Mです。

2本レンズ付きのレンズキットが2種類ありますが、おすすめは標準ズームレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと単焦点レンズEF-M22mm F2 STM同梱のダブルレンズキットです。
EF-M22mm F2 STMは、風景写真やスナップなど広くきれいに写せる万能レンズではありますが、ポートレートには多少遠そうです。

ですが、ご家庭用に望遠レンズも欲しいという方は、同じく標準ズームレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと望遠レンズEF-M55-200mm IS STM同梱のダブルズームキットでよろしいかと思います。

レンズ

今回使用したレンズは最近購入したEF-M32mm F1.4 STMです。
現在のEF-Mレンズでポートレート撮影をするとしたら、ほぼこのレンズ一択になろうかと思います。
F1.4の大口径でキヤノンの高性能レンズLレンズ相当ということですので、とてもきれいなボケが狙えます。

本来は自分はズームレンズ派なのですが、EF-Mマウントにはポートレート撮影に使えそうな明るいズームレンズがありませんので、仕方ありません。

このレンズも5万円ほどしますので、撮影会に初めて参加されるような方は、ダブルレンズキットに同梱の標準ズームレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMと単焦点レンズEF-M22mm F2 STMのいずれかでも撮影可能ですのでご安心を。

やはり、フラッシュは使った方がいいと思います。

外付けフラッシュ

外付けフラッシュは、キヤノンの純正フラッシュ 430EXⅢ-RTを使用しています。

ディフューザー

メインカメラの方は個人撮影の際にはオフカメラフラッシュ用にラウンドフラッシュディッシュを用意しているのですが、EOS kiss M用にもフラッシュにディフューザーが欲しいところです。

今回は、ハクバ クリップオンストロボディフューザー 2WAY Lサイズ(DSD-CL2L)を新たに購入しました。
お手頃で使っている人も多く、ストロボへの装着も簡単で、持ち運び用のケースも付いています
LサイズとMサイズがあるのですが、ディフューザーは特段の理由が無い限り大きいほうが正義なのでLサイズを購入しました。

写真撮影

参加するまで

雨音瑠美ちゃんは、以前は池袋メイドBarメーァにたまーに出勤していて、その時はお店に行って話をしていました。

その頃も撮影会に参加できればしていて昨年に2度ほど撮影をしています。
今回もコスプレイヤー仲間の女性たちと一緒に撮影会をするそうで、雨音瑠美ちゃんのTwitterで撮影会の募集をしていたので、参加することにしました。

撮影の模様

ちょっと早く到着

ミーティアには若干早く付いたので5分ほどエレベータ前で待機してから入室。

話しながら撮影開始

撮影の用意をしていると瑠美ちゃんが現れます。

撮影は1年ぶりで、最近どうしてる?みたいな話から。

瑠美ちゃんは、有名コスプレイヤーではあるのですが、どうしても#コンパスの公式コスプレイヤーをしているから有名というのが気にかかるようで、雨音瑠美名義での活動を広げようと、撮影会にもなるべく参加しようということだそうです。

というわけで、これからは瑠美ちゃんを一杯撮影できるかと思いますので、ファンの方は楽しみにしていて下さい。
カメラをやらない方もカメラマンの人たちがたくさん撮ると思いますので、心配は要らないと思います。(何故か他人事)

今回はカメラ2台持ち

今回はメインのα7RⅢとEOS kiss Mの2台持ちですので、瑠美ちゃんも「ミラーレスの2台持ち憧れるー」とかいう話で。

まあ、そうなんですが、EOS kiss Mではどの程度ちゃんと撮影ができるのかは謎です。

ですが、以前もキヤノンの一眼レフ機EOS kiss X7とかEOS 80Dとかで撮影してましたが、同じくキヤノンのミラーレス一眼カメラEOS kiss Mはボディ内手ぶれ補正と瞳AFがあるのでむしろ撮影は楽です。

フラッシュを天井バウンスで撮影

初のミーティアは天井が普通に白いので、天井バウンスが使えそうです。
念のため、ディフューザーをかませた上で天井バウンスします。

ぱっと背面モニターで撮れた写真を確認したところ、ほとんどそのまま使えそうです。

一方、メインのα7RⅢは妙な感じではありますが、バシバシ撮影します。
10分交代位の感じで、コーナーを移動して行き、時間の45分でちょうど回ります。

家に帰って現像

現像してみると、α7RⅢの設定が全てISO80000になっていて、どうしようもない感じです。
まあ、枚数は少なめではありますが、EOS kiss Mで撮影した方が使えそうなので、全部ダメというほどではないのが救いではあります。

写真

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

2018/11/10 コスプレイヤー撮影会 雨音瑠美 EOS kiss M

まとめ

感想

高画素フルサイズ機α7RⅢに比較して、APS-Cエントリー機のEOS kiss Mはどんなものなのかと思っていたのですが、レンズEF-M32mm F1.4 STMが思った以上に写りがよく明るく、スタジオも明るくてライティングも上手くいきました。

そのおかげで、思ったように上手く撮影でき、ひょっとしてEOS kiss Mだけあったら十分じゃね?
というような感想です。
しかし、使い勝手はさすがにプロユースのα7RⅢの方がいいので、そっちで撮影するとは思いますが。

あー、モデルも昨年よりきれいになった美女の雨音瑠美さんのおかげでもあります。
瑠美ちゃんありがとう!また、よろしくね!

補足

α7RⅢの写真もなんとか補正しましたので、とりあえず記事にしました。
見るに堪えない気もしないでもないですが、瑠美ちゃんは可愛いのでご参考に。

EF-Mレンズのおすすめ

過去の雨音瑠美撮影会の模様

当ブログの宣伝

当ブログでは、自分で撮ったモデル撮影会の写真を紹介している記事と、撮影会用のカメラの選び方や撮影方法などについての記事を紹介しています。
是非見ていって下さい。

参考:関連記事

EOS kiss Mを買って色々撮影してみました。
趣味のカメラにEOS kiss Mはおすすめです。

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー