2017/08/09 フォトジョ撮影会(吉良美心)EOS kiss X7

2018年7月10日フォトジョ撮影会, モデル写真, モデル撮影会写真, 吉良美心, 撮影会ブログ写真

スポンサーリンク

2017/08/09 フォトジョ撮影会(吉良美心)

撮影日:2017/08/09 Sat.
スタジオ: フォトジョ 高田馬場スタジオ(閉鎖済み)
モデル:吉良美心(きらみこ) @kiramiko1006
機材: EOS kiss X7、シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM(キヤノン用)

吉良美心ちゃんは

前にもどっかに書いてますが、今のところ話したことがあるモデルさんの撮影会にしか行ってません。で、吉良美心ちゃんは以前ハニーハニー秋葉原店でメイドをしていて、今はレースクイーンとかキャンギャルとか撮影会モデルとかしています。上のブログのリンクを見てもらえば良いかと。
美人で楽しくはありますが、かなり不思議な人です。(ディスって無いっす。)

撮影当時の話

諸事情により吉良美心ちゃんを撮影しに行くことになり、そういえば、去年の夏頃撮った写真渡してないよなあ、などということを思い出して、写真を引っ張り出して見たところ、ホワイトバランスとか明るさの調整がひどいことに気づき、やり直すことに。
やり直して見ると、「kiss X7って思ったよりちゃんと写ってるよなー」というのはいいのですが、安物のカメラだとAWB(オートホワイトバランス)とか露出調整はカメラ任せだとひどい感じなので、スタジオのようにそれほど明るくない室内で撮ろうと思うと、事前に調整するにはグレーカードとか露出計とかがいるわけで。

事前にグレーカードを入れた写真を撮影しておいてLightroomの現像のホワイトバランスのところの左にあるスポイトでグレーカードをクリックするとホワイトバランスが調整されるだけなので、まあ、買ってくればいいので簡単ではあります。

しかし、露出計とかは下のが割とお手頃な奴っぽいのですが、それでも万円単位する割には使ったことないのでわかりませーん。(家ににある写真の本には書いてあったけど、覚えてない。)

ちなみに、ミラーレスカメラなら、それぞれのカメラにある露出補正のボタンなりダイヤルで(EVなんちゃらって奴)上げてやればファインダーとかライブヴュー画面とかが明るくなるし、下げれば暗くなるので、割と安直にいじれるので、まあ何とかなりますが。

しかし、当時は「とりあえず撮影してLightroomでいじれば何とかなるべー」と思ってはいたのですが、やたらと沢山あるLightroomのメニューのどこをどういじったら、まともな写真になるのかなんてさっぱりわからなかったので、てきとーにいじって写真ごとに色やら明るさがバラバラになるというひどい状態でした。

というわけで、対策としては「なるべく暗いところでは撮らない」「暗いところで撮る時は外付けフラッシュを付けて天井バウンスで撮る」というのを守るしかないですね。後は、中級機以上なら色とか明るさ位は大体合わせてくれるので、それだけでも金出す価値はありますが、エントリー機で苦労して練習してから中級機買った方がお蔵入りした時のダメージも少ないですし、設定項目が多い中級機も使いこなせるようになりますので、それをおすすめします。

個人的にはキヤノン推しなのでキヤノンのAPS-C機でおすすめします。ニコンがいい人はカメラ屋(ヨドバシがおすすめ)かニコン派の人に聞いて下さい。多分D5300あたりがすすめられると思いますが俺は知らん。(ひどい)
フルサイズはソニー機持っていますが、あれはエントリー向けじゃないと思う。どうしても欲しい人は以下略。

今なら、エントリー機ならこいつがおすすめ。Kiss X7よりX9の方がもう安いし性能全然いいっす。

エントリーでも、中級機を買う時は買い足し前提で小さい奴が欲しい時はミラーレスのこいつでもいいでしょう。(内蔵フラッシュはありますが外付けは付かないので注意)

最初から中級機買う予算ある人は、最初から買ってもいいかも。セットのキットレンズもこっちの方がかなり性能がいいです。

話がずれた…

う、カメラの話になると熱が入り、長くなりますが、検索とかブログのタイトルで来た人には求められて無い気もしますので、現像し直した写真を掲載します。
もう、現像さえちゃんとできるならカメラなんてAPS-C機で十分じゃん感しか感じませんが、現像が面倒くさいんで、どんどん高いカメラに買い替えたんだったorz

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー