花粉症の季節がやってきたので市販薬アレジオン20を発注…orz

2018年5月10日健康アレジオン20, 花粉症

スポンサーリンク

嫌な季節がやってきました…

 そういえば、もう1月も中旬ですよね…。そろそろ、花粉が気になる頃です。

風邪のせいですっかり忘れていました…

 今年は、1月の最初の週に風邪でダウンし、3日~5日までは完全に寝込んでいて、6日~8日はちょいちょい外にご飯食べに行ったりしていましたが後は家にこもっていました。

 その間と治ってからも、喉がどうもいがらっぽいのでヴィックスドロップを舐めております。これは指定医薬部外品というタイプです。
 医薬品というのは医療用の薬なのですが、医薬品では無いが薬効成分がある歯磨き粉とかの製品は医薬部外品という区分になっています。その中で薬の成分を転用している医薬部外品は指定医薬部外品となるんだそうで、簡単に言うとそこらののど飴より全然効くんで愛用しています。特に5個のスティックが10本入っている大箱は大好きです。(雑)

そのおかげで、ヴィックスメディケイテッドドロップはエンドレスに1日中舐めているのですが、鼻水も止まらずに何かおかしい…。
しかし、Twitterなどで敏感な人の話を見て思いました。「あ、これ花粉じゃね…?」

さっさと花粉症の薬を買うよ…

というわけで、さっさと花粉の薬を調達することにしました。
多分、アレルギー科の病院にかかって薬を貰うのが一番いいのでしょうが、実際花粉の症状で苦しむのも2ヶ月位だし、平日日中に医者に行って診療を受けてから処方薬貰うのもそこそこ金がかかるので、効く薬があれば手っ取り早いわけですが。

そんなわけで、以前に職場の近くの薬局のカウンターで聞いて、薦められた積んである薬がアレジオン20でございます。
というか、どこの薬局とかドラッグストアに行っても、大体アレグラFXかアレジオン20を薦められますし、ごっそり積んであります。

これってドラッグストアとかで買っても結構高いんですが、これより弱いやつは一日に何度も飲まなければならなかったり、鼻水は止まるけど喉の炎症が止まらなかったりとか、超眠くなったりとかとにかく辛い奴が多いです。

後は、どう違うかというと、このクラスは、抗アレルギー効果のある抗ヒスタミン剤で眠くなりにくいのが特徴だそうで、あとは、ちょっとアレジオン20の方が高くて強いんだけど、若干眠くなりやすいようで、アレグラFXはもうちょっと優しいらしいです。
結局のところ試してみて身体に合う方を選ぶしかないわけですが、個人的にはアレジオン20で効いてて眠くもならないので、これで決まりです。

あちこちで値段を見てみたりしたのですが、通販で複数個売りしているところでメール便で頼めば郵便受けに投函されて、相当安いので、ずっとこれを飲んでいます。

どうせ2月から3月一杯は使うので、まとめて買った方がかなり安いです。
セルフメディケーション税制という1万円を超えたら、超えた額が所得控除されるというシステムまで適用で、1万も使わないよなーと思ったら、見事に到達しました。なんだこれは…。

今年も生き延びよう…。


関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー