大岳山登山【前篇】

登山

 前回に登山熱が上がっていることを予告していたわけではあるが、雪が降ってる山に登るほどの自殺志願者ではないので、どうしようか悩んではいたが結局登ってきた。

・10月29日(木)
 関東の日帰り登山の本を読んで、行くならどこの山か検討。ヤマノススメを読んで、高尾山というのはあまりにもショボいため激萎え、御岳山か筑波山辺りにしようかと考えていたところ、筑波山は都内からは結構遠く、御岳山の奥にある大岳山(1266m)という山が手頃そうなので、登ってみることに。

・10月30日(金)
 帰宅時にモンベル御徒町店にとりあえずザックか靴を見てみようと思ったものの、閉店間際のため見送って帰宅。
 2日の月曜日に休みを取ったのだがどうやらそっちは天気が悪そうなので1日に行くことにする。
 夜になって、そこら辺の山で登山計画書(警察に出す登山届)についてどうしようか悩むが、1人で行って遭難とかしたらかなり恥ずかしいことになるので、念のため出すことに。青梅警察署山岳救助隊のページから登山計画書のPDFをダウンロードしてきて記入。

・10月31日(土)
 昼食後に同じくモンベル御徒町店に行き、30Lのデイパック、登山用ストック、レインウェアを購入。何冊か読んだ本によれば、低山ではスニーカーで十分とのことなので、とりあえず見送る。
(この判断には後で後悔する。)
 夜には、友人であるところの某バーまで飲みに行って店長(女の子だが)に登山届のコピーを預けて、もし連絡がなかったら警察に連絡してくれと言っておく。まあ、念のため。

・11月1日(日)
 早起きして新宿からホリデー快速おくたま号に乗る。

休日は奥多摩方面まで直通で出ているという優れもの。むしろ、乗り換えて青梅線とかたるいのでこれに乗るしか的な勢い。
 朝も早いし、空いているかと思ったら、登山の格好をした人で一杯で、危うく座れなくなりそうだたが、とりあえず席確保。ジジババですら登山靴履いているので、まずかったのではないかとビビる。

  御嶽駅到着。

駅の構内に登山届用のポストがあったのでさっくり突っ込む。

 とにかくわさわさ人がいて、ジジババやらお子様連れファミリーやら駅周辺にみっしりと。

 とりあえず、御岳山ケーブルカーに乗るために、バスの行列に並ぶ。
 このバスは普段は大体1時間に2~3本程度なのだが、今の季節は紅葉の時期が始まることもあって増発が出ている。具体的にいうと2台のバスでひっきりなしに往復しているので、10分も待たずに次のバスが来る勢い。
 結局、並んで最初に来たバスには乗れずに2台目に乗ることに。

 ケーブルカーの方も大体同じような状況で、6分間隔で運行していて、中はみっしり。

 という感じで、ようやくケーブルカーを降りて、山登り開始。

 道は割りと狭いが険しくはない。といいつつ、道路という感じは全然しない。

 
 そして、20分ほど歩くと武蔵御嶽神社に到着。

せっかくなんでお賽銭をあげて南無南無。
 なんか、外装工事しているらしくがっかりですがね。

 同じような調子で、1時間ほど歩くと今は使われていない山荘があり、そこからは岩場っぽいエリアに。

まあ、山頂っていう位だから仕方ない。登るか…。

 という感じで、大岳山単独登頂に成功。

今朝、セブン-イレブンで買ったおにぎりを食べる。

 という感じで写真を撮って昼食を食べたので、しゅっぱーつ。この時点で11時40分ほど。

 (続く)

関連記事

スポンサーリンク

Posted by すーすー